日本オラクル「Oracle9iFS Linux版」を発表

日本オラクル社が、2002/04/08から「Oracle Internet File System Linux版」の提供を開始すると発表したそうです。アクセスにネットワークプロトコルが使用可能で、データベース機能での全文検索・バックアップ・ユーザ管理なども行えるのが特徴。Linuxで利用できるOracleパッケージの幅が、また1つ広がりました。

ニュースの感想

日本オラクル社のサイトを見るとLinuxに力を入れていると感じます。以前から製品や技術情報を提供していますし、先日(2002/03/01)は東京で「Oracle Linux Summit 2002 Spring」も開催しておりました。

最新版(Oracle9i)の開発経験がないので正確な判断ができませんが、Oracle8iに関しては、普通の設計でも十分な性能を発揮し、データ特性を考えて設計すれば期待以上の効果が得られるデータベース(以下「DB」)だと感じています。また、日本オラクル社以外からの情報・書籍も充実しているので、敷居の高い技術でありながら、開発側としてはスムーズに導入ができると考えています。

しかし、DBの性能を検証する機会は非常に少ないです。開発者側は専門誌やネットでの調査、場合によってはデータ特性を考慮したテストまで行うでしょうが、過去の開発経験・開発効率・既存DBとの連動を考慮すると、よほどの性能差がない限り、検証する前に答えが出ているはずです。逆に、利用者側は動作や速度に対して感想を抱くことはあっても、同条件の比較対象がなければ検証できません。加えて、各社DB製品の価格を考えると、個人的に比較調査している方は少ないと思います。

別にOracleが良いとか悪いと言っているのではなく、DBはOSや開発言語と同様に、1度選択すると変更が難しいと考えています。それなりの規模で採用することから、開発側も利用側も簡単に変更できないので、結果として採用DBのバージョンアップに期待することになります。

話を戻して、Oracle製品のLinux利用を考えると、無料でオープンソースのDBと比較され、新たなフィードバックがあると思います。個人的には、「DBは個別の検証結果より過去の導入実績が評価される」とか、「日本のビジネス利用でLinuxを選択できるのは用途が限定される」といった偏見を持っているのですが、いずれにしても、Oracle製品の更なる性能アップを期待しています。

補足説明・関連資料

リンク説明
http://www.oracle.co.jp/「日本オラクル社」のサイト