Windows関連の覚書き(5/5)

Windowsに関する覚書きをまとめてみました。DOS/V機に標準インストールしたことを前提とした説明ですが、独自に調査した保障範囲外の内容も含まれておりますので、ご自身の責任の上で利用ください。

詳細目次
レジストリ / コントロールパネル / 標準ファイル / DOSコマンド / 標準ツール

標準ツール関連の覚書き

Windows上の各種設定情報を編集する「レジストリ エディタ」は以下が実行ファイル。(詳細は「レジストリ関連の覚書き」参照)

C:\Windows\REGEDIT.EXE

これに対して、MS-DOS/Win3.1で主に使われていた旧情報ファイルの情報を編集は以下の「システム設定ユーティリティ」で行う。

C:\Windows\SYSTEM\MSCONFIG.EXE 

DirectXの情報を確認する「DirectX 診断ツール」は以下が実行ファイル。

C:\WINDOWS\SYSTEM32\dxdiag.exe

DirectXをインストールしなければ存在しないので、標準ツールとは言えないが、ハードウェア(ドライバ)やソフトウェアの動作条件である場合が多い。